読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトプラムの Dairy Dream

何もない日々の出来事や思うこと。

子供のこと、未来に期待することを、徒然に思いつくままに書き連ねてみました。

どうぶつの森」に届いた私への手紙に……正確には私の作ったキャラクターへ、娘が作ったキャラクターが、「おかあさん、だいすき」って書いて送ってくれました。

 

 しかし、一家の主婦として、そんなに頻繁にゲームの世界を覗き見れないので、ポストに手紙が溜まっていました。今はましですが。なので、それを片付けるために「またもらえるだろう」という気軽な気持ちで手紙を削除してしまいました。それを、ものすごく後悔しています(´;ω;`)

 

最近彼女が私によく言う言葉は、

「おかあさん、わたしのこと どうおもってるの?」

 

おかあさんは、今、深い悩みの中にあり、彼女のことだけを見られなくなる時が多いです。もう小学生になったのだから、一人でやってよ~とか思います。

 

彼女は、とても甘えたいと思っています。小学1年生といってひとくくりにしても、それぞれの家の事情があるし、彼女は彼女なりに頑張ってると思います。

 

 

 

また、専業主婦として、PTAの役員にも選出されてない自分が客観的に見て、学校の先生方や、役員方や、ボランティアの方々も、とても頑張ってくださっていると思います。

 

そのうえで、宿題とか見てて、まだ1年生の段階なのに、簡単な日もあるけれども、特性によって、宿題内容に手こずっている姿も見ます。内心、大丈夫かよぉと思いつつも、小学生のうちから塾に行かせるのも遊ぶ時間が減ってかわいそうだなぁと思うので、将来積み重なってクラスで平均点以下をとっていっても仕方がないかなと思います。

 

お父さんは、「一流企業に勤めたら、給料も全然違う」とか言って、大学へと考えてるみたいだけど、有名企業に勤めてた親族を持つ私としては、別にやっかみがあるわけでなく、「それがどうしたの?」と思うわけでして。例えば、もし私の主人が一流企業に勤めていたら、こんなバカげた Blog を書いていたら、左遷される危険性もはらんでいるよーな気がするし。

 

友達の子供が中学生に上がることによって、「塾に通わせたいけど、夜が遅いから心配」という不安を持っています。地域によって、送迎バスが出てなくて、各自が電車で向かわなければならなかったりで。

 

スーパーで売っている里芋が当たり前のように腐ってたり(3回続けて傷んでた時ははかなりショックだったので、その後はきちんと在庫管理ができている場所で購入しています)、機械で大量生産された商品が出回る世の中で、もっと一つ一つのことが大切に生活できないものなのかなぁと思っています。

 

「10分でできる晩御飯」とか見ても、黒子がアシスタントしてたり、片付けの時間を考慮に入れてないものを自慢げに語られてもって、冷めた目で見てしまうし。そういう意味では、うちのおばあちゃんも、主人の実家で出された食事もとても手の込んだものでした。

 

私の母は、パートとはいえ、フルに近い働き方をしていても、管理人のおばちゃんに、「あなたの家は、いつも夕方には換気扇から食事の香りが漂ってくる」と言われました。恥ずかしくてうまく答えられませんでしたが、節約生活で実家からの仕送りなしに食費が3万円だとか、自慢げに書いている人がいますが、一人暮らしならいいですが、家族には負担がないのだろうかとか思います。やはりきちんと食べないと風邪をひきやすくなります。今の季節のカボチャや、里芋は、多少高くても栄養価が高いそうです。

 

私が母のように生きようと思っても、今までに選択してきたものが違いすぎるので難しいですが、私はいつも大阪へ行ったときに食べる親子丼は好きですが、嫌いな食べ物はあったけれども、もうすべて克服したなぁと思います。まぁ、今はストレスで過食気味ですが。

 

今、私は親元から離れない生き方を選択したけれども、朝ドラとか見てたら、服を作る生地を作る仕事に就ける人とか羨ましいと思います。安い生地はいくらでもあると思いますが、私は特に太っているので、生地が大量に必要なので、あまり良い素材でできた服はなかなか手に入りません。飽きのこない柄を探しているのですが、デザイン性が斬新なものは、高価なうえに、買って失敗するケースも多く、手を出しにくいです。

 

ファッション系の雑誌を見てても、こんな服を着たいなって思えないのです。中高生の時のように、洋服を見てときめくことがなくなりました。

 

それなのに、消費だけは促される、ちょっとおかしい世の中になりつつあります。

 

小学校では、これからの社会を生きていく中で、必要な知識を身に付けさせていってくださるように指導してくださっているようです。

 

 

うちの庭では家庭菜園ができますが、私は土いじりが苦手で、収穫時期に、収穫を逃してしまいます。会社員の主人がせっせと世話を焼き、野菜の育て方は、私より娘が詳しいです。

 

コンクリートの中の塾で、計算式を習うより、針を持つ練習をしたり、作物を育てたりするほうが、これからの世の中には役に立っていく知識なような気がします。

 

本当に良いものが少なくなっていくので、自分で修繕して使い続けることは必須です。既製品の家具は、やっぱりどこか自分の家には合わないものです。オーダーするか、自分で作るか。

 

望むことは多いけれど、まずは、これから風邪ひき、インフルエンザの季節なので、体調管理に気を付けてあげることが優先かな。洗面所のうがい用コップを洗ってきます。

 

TPP とかいろいろ言ってるけど、個人単位で輸入をしてネットで売ろうという動きがあるのだから、日本の農業が守られないとか、本当にそうなるのかなぁと思います。日本の畜産も価格が高いのでピンチかもしれませんが、やっぱり、美味しいものを買いたいと思う人は多いのではないでしょうか。今日食べた野菜炒めの豚肉の切り落としが、とても美味しかったんですよね。